人事考課の目的と採用する時のポイント

近年は人事考課を採用する企業や会社が増えていますが、社員の評価や査定を行う前に目的を決めておくことが大切です。もちろん昇給や賞与のための評価にもなりますが、それだけではありません。

社員に人事考課の評価基準を確認してもらえば、成果をあげるために積極的な行動を促す効果が期待できます。正当に評価してもらえるので、期待通りの成果を出すために行動革新をする社員が増えるメリットがあります。人事考課で適切な処遇を受ければ、ひとりひとりの社員がモチベーションをキープすることができるでしょう。人事考課の評価を定期的にフィードバックすれば管理する上司と部下のコミュニケーションが活発になり良い効果が期待できます。

業種や社員数にもよりますが、確実に業績をアップしたい企業や会社の管理者は、ポイントを設定しておく必要があります。期待成果や期待行動にポイントを置く時は、企業や会社の経営理念や根本指針を社員全員に浸透させてから人事考課を採用しましょう。

オフィス内のコミュニケーションを活発にしたい時は、社員の評価をフィードバックする時の基準を明確にすることが大切です。専門的な知識のある評価者が調査を担当すれば社員の信頼を得ることができます。人事考課は、目的を決めて計画的に行いましょう。

RSS 2.0 | Trackback | Comment

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>